商工会で腰痛セミナー


こんにちは。

小池慎也です。

寒波のせいか、とても寒い日が続きますね。

昨日、6キロほどジョギングをしたのですが、風と冷えで思ったように走れませんでした。おまけに膝が痛み心が折れたので、サポーターを購入しようと思います。

さて話は変わりますが、先日は商工会にて講習会をさせていただきました。

前回は肩こりをテーマにお話をしましたが、今回は腰痛です。

腰痛は国民生活基礎調査で男性は1位、女性は2位と非常に罹患率が高いです。

ちなみに私も腰痛持ちですが、トレーニングをする事で現在は全く痛みはありません。

前半は井上先生による「体質別の冷え症対策」です。チェックシートにより体質を分類し、それぞれの対策についてお話しました。冬のシーズンにピッタリの内容です。

私は水滞体質(水が体に溜まる)ですが、汗をかく事で身体の調子がとてもよくなります。

自分の体質かを知る事で、未病(病気になる前の状態でまだ症状があらわれていない)を防ぐことができるかもしれません。

後半は私が担当し「姿勢と腰痛」について話しました。腰痛は様々な要因でおこりますが、今回は非特異性腰痛(画像と一致せず原因がはっきり分からない腰痛)を中心に骨盤の前傾・後傾に分けてそれぞれの体操やトレーニングをお伝えしました。

これだけ解決すれば良いのですが、腰痛は多種多様です。

治らない場合は施術が必要な事もありますし、重篤な病気が隠れている場合もありますので2週間以上の腰痛や夜間痛、麻痺などには十分注意してください。

自身の体質評価や改善方法、姿勢の矯正や骨盤矯正などは専門知識のあるひなた鍼灸・接骨院にお越しください!






20回の閲覧