熱中症対策


こんにちは、天野です。

もうすぐ8月ですね!

7月の時点で熱中症によって救急搬送をされている方が多くいるそうで、まだまだ気が抜けないですね。

よくテレビの熱中症対策コーナーで「こまめに水分補給を」と聞きますが、飲み物の種類を間違えると熱中症になりやすくなるケースがあります。

緑茶やコーヒーを飲みすぎてしまうとカフェインの効果である利尿作用によって水分が体外へ排出されてしまうので、かえって熱中症を引き起こしやすくしてしまいます。

なので、夏場の水分補給は水やカフェインの入っていない麦茶、一緒に塩分も摂れるスポーツドリンクや経口補水液がおすすめです。

身体を冷やすことも大事なことで、首に濡れタオルを巻いたり保冷剤をズボンのポケットに入れておくのもいいみたいですね!

あとは、手を水に入れて冷やすのも効果がすごいあるそうです。

まだまだ暑い日が続きますが、体調管理と熱中症対策を万全にして夏を乗り越えましょう!



7回の閲覧