超音波画像診断装置のセミナー in 名古屋


こんにちは。小池慎也です。

暖かい日が続きますね!

でも、今週は寒くなるそうなので、体調を崩さないように気をつけて下さい。

そういう私が一番油断しているのですが。

今日は名古屋国際会議場にて超音波ハンズオンセミナーに参加してきました。

国際会議場と言うだけあって、とても広く高級感のある会場でした。

ちなみに大きな騎馬ですが、幻のスフォルツァ騎馬像といい、レオナルド・ダ・ヴィンチが着手したものの未完成に終わり、日本人の技術によって復元したそうです。近くで見るとめちゃくちゃ大きいですよ!

セミナーの主催は、日本超音波骨軟組織学会(JSBM)で、いつも学びが多く大変勉強になります。

初級編ですが、本当に初級かな?と思う様な濃い内容です。

超音波画像診断装置(エコー)は、産科(赤ちゃんの観察)や内科はもちろん整形外科にも導入されている装置で、運動器の分野では、骨だけでなく筋や腱、靭帯や軟骨などなど、多くの情報を与えてくれる大変便利な装置です。レントゲンでは映らない骨折や靭帯損傷、肉離れなどが見つかる事も。今のエコーはそれくらい精度が高いです。

接骨院でも導入ができるため、我々柔道整復師にとって欠かせない装置の一つです。もちろん、当院にも導入しています。

ただ、この装置。

操作や読影がとても難しく、使いこなすには相当な訓練や解剖学の勉強を要します。

使いこなせず手放す方も。

私は、JSBMの基礎運動器系超音波技師の資格を有しており、日々の患者様の評価にエコーは大活躍しております。

実は、今回のセミナー直前に、学会側から発表の依頼がありましたが、資料が間に合わず断念しました。

いずれにしても、上級の資格には学会発表も必須になるので、空いた時間に資料を作成し良い発表ができるようがんばります。

私の師匠がおっしゃっていた「一生勉強」です。

お怪我をされた方や治りが悪い方は、エコーで原因がわかる事もありますので、気になる方は、ひなた鍼灸・接骨院に気軽に予約して下さい!






閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、高橋です。 だんだんと肌寒くなってきましたが、こんな時期に増えるのがギックリ腰です。 急性腰痛症の中で代表的なものがぎっくり腰と言い、重たい物を持ち上げる時や急に身体を捻る動作をした際に起こる事があります。 しかし、意外にも日常生活で起こる事も多く、洗面台で顔を洗った際やズボンを履こうとした際など様々です。 痛める場所も人によって違い、筋肉、関節、靭帯などがあります。痛める箇所も1つと

こんにちは、受付スタッフ山崎です。 先週土曜日の午後は、スタッフ全員でちょっと早い大掃除をしました。 いつもスタッフが丁寧にお掃除してくれていますが、大掃除ではさらに細かく、そして電気治療の機械なども掃除します。 院長家族もお手伝いに来てくれました! 私の中3の娘を一人匹として加え行いました。 ブラインド、窓、床、換気扇や、細々とした機械や物をどかしながら細部までお掃除。 埃まるけになりながらみん

こんにちは、藤原(井上)です。あっという間に10月後半になり、今年もあと2ヶ月あまりとなりました。最近とくに朝晩冷えるようになったのできちんと体調管理をしていきたいと思います。 3年半前、私はみかんの専業農家に嫁ぎました。私自身も仕事をしているため、今まではみかんの仕事をすることはなかったのですが、先日仕事が休みの時に摘果のお手伝いをしてきました。傷や鳥がつついた等商品にならないみかんを落としてい