突然、子供が手を動かさない


小池慎也です。

今日は休院日で事務仕事をしていたところ、突然電話が鳴り「子供が脱臼したみたいなのでみてほしい」と連絡がありました。

医療関係者はすぐに分かるかと思いますが、子供が急に手を動かさなくなった場合、親御さんは大変心配しますよね。

この場合「肘内障」がほとんどで、肘関節の亜脱臼が考えられます。(靭帯が脱げたような状態 回外筋が挟まっているという説も)

今回のケースも肘内障で、整復しすぐに元気になりました。

手を引っ張った時や転倒、寝返りなど様々な理由で受傷しますので、お子様の手を引く際は、手ではなく腕を引く事が出来れば予防になります。とはいえ、突然の場合は難しいですよね。お子様が成長するまで(5歳位)は何度か受傷する可能性があります。

偶然出先で遭遇し、整復した事もあります。そしてなぜか、三ヶ日は特に多いように感じます。活発で元気なお子様が多いからでしょうね!!肘ではなく鎖骨や手首などを骨折しているケースもありますので注意が必要ですが、突然子供が手を動かさなくなった際は、一度ひなた鍼灸・接骨院にお電話下さい。


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナウィルス抗体検査

こんにちは、受付スタッフ山崎です。 先日人生初のコロナウィルス抗体検査をしました。 指先から自分の血液を採取し、液体と混ぜて検査する物です。 写真は私の検査結果です。 赤い線が1本ずつ見えますが、これが陰性だそうです。過去に陽性になったことがある人は線が2本になるそうです。 抗体検査はPCR検査とは違い、過去に感染したことがあるかを調べる物です。 実は私以外の当院スタッフ、老人施設に訪問治療で出入