突然、子供が手を動かさない


小池慎也です。

今日は休院日で事務仕事をしていたところ、突然電話が鳴り「子供が脱臼したみたいなのでみてほしい」と連絡がありました。

医療関係者はすぐに分かるかと思いますが、子供が急に手を動かさなくなった場合、親御さんは大変心配しますよね。

この場合「肘内障」がほとんどで、肘関節の亜脱臼が考えられます。(靭帯が脱げたような状態 回外筋が挟まっているという説も)

今回のケースも肘内障で、整復しすぐに元気になりました。

手を引っ張った時や転倒、寝返りなど様々な理由で受傷しますので、お子様の手を引く際は、手ではなく腕を引く事が出来れば予防になります。とはいえ、突然の場合は難しいですよね。お子様が成長するまで(5歳位)は何度か受傷する可能性があります。

偶然出先で遭遇し、整復した事もあります。そしてなぜか、三ヶ日は特に多いように感じます。活発で元気なお子様が多いからでしょうね!!肘ではなく鎖骨や手首などを骨折しているケースもありますので注意が必要ですが、突然子供が手を動かさなくなった際は、一度ひなた鍼灸・接骨院にお電話下さい。


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

温活

こんにちは、受付スタッフ山崎です。 今年の冬はグッと寒い日が多いですね。寒いと体を縮めてしまうため、硬くなりがちです。 そこで、温活のご紹介。 まずはお風呂。38〜40℃のお湯に15分ほど浸かるのがいいそうです。 42℃以上の熱いお湯は脱水症状をおこしてしまいますので、あまり熱くしすぎない方が良さそうですね。 長風呂もよく聞きますが、これは肌乾燥を進めてしまいますので、ご注意を。 次に寝る時に冷え