中学生に柔道を教えます

こんにちは

院長の小池慎也です

来月から中学生に体育で柔道を教えることになりました。

小学生から高校まで12年くらい(社会人になっても少しやりました)でしょうか。

私が唯一続けてきたスポーツで、柔道整復師になったきっかけです。


高校生の時に使っていた柔道着に袖を通すのは何年振りでしょうか。

柔道着を見てみると、帯も道着もボロボロであちこちに頑張った証が。


高校生の時は今より5キロは体重が多かったので、改めて着てみるとちょっとサイズが大きくカッコ悪い。


まあ良しとします。

コロナのため対面や組み合いはできませんが、受身や礼儀作法など柔道の基礎を知ってもらえる良いチャンスです。

今、三ヶ日中学校には柔道部がありません。

また、小学生を中心に柔道を教える教室も今はありません。


東京オリンピックが開催されれば知名度も上がるでしょうが、昨今柔道を見る機会も減ってしまいプレイヤーも減るばかり。


身も心も強くなる柔道。

護身術にもいいですよ!


ちなみに、三ヶ日には、メチャクチャ強い方がいっぱいいますよ!!

これを機に、柔道に興味を持ってくれる子が増えるといいな。




15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナウィルス抗体検査

こんにちは、受付スタッフ山崎です。 先日人生初のコロナウィルス抗体検査をしました。 指先から自分の血液を採取し、液体と混ぜて検査する物です。 写真は私の検査結果です。 赤い線が1本ずつ見えますが、これが陰性だそうです。過去に陽性になったことがある人は線が2本になるそうです。 抗体検査はPCR検査とは違い、過去に感染したことがあるかを調べる物です。 実は私以外の当院スタッフ、老人施設に訪問治療で出入