パーソナルトレーニング

こんにちは

院長の小池です

今回は、パーソナルトレーニングについて書きます。

トレーニングをする事は、誰しもが身体に良いと知りながら運動を習慣にしていない方が大多数です。

なぜでしょう?

  • 辛いから

  • めんどくさい

  • 効果が出ないから

  • 続けられない

  • 汗をかくのが嫌い

  • 身体に痛みがある

  • ムキムキになりたくない(大丈夫です なりたくても、簡単にムキムキにはなれません 笑)

よーく分かります。


私も7年くらいトレーニングを続けておりますが、何度もやめようと思いました。

ただ、やめると必ず腰痛が出現します。

あと、太ります 汗

これが嫌でトレーニングをしていると言っても過言ではありません。

そう。

目的は何でもいいんです。

トレーニングを続けるにはコツがあります。


・仲間と一緒にトレーニングする

・周りの人にトレーニングをしている事を言う

・目標を決める

・好きな音楽を聴きながらトレーニングをする

・トレーニングができる環境に移動する(ホームトレーニングはあまり続きません)

などなど

いろんな方法があるかと思います。

まずは始めてみる事が大切です。

さて「パーソナルトレーニング」についてですが、当院でも受けられることをご存知ですか?

パーソナルトレーニングは、トレーナーとマンツーマンでトレーニングが受けられるため、正しいフォームや負荷量、回数など初心者の方にも安心して受けていただけるよう個々に合わせたトレーニングメニューをご提案します。 ダイエットはもちろん、競技のパフォーマンスを向上するためのトレーニングや美尻を作るためのトレーニングなど様々なご要望にお応えします。

最近では、部活を引退した中学3年生の学生さんが定期的に来ております。

高校生になると必ず始まるレジスタンストレーニング(ウェイトトレーニング)に対して、正しいフォームを知る事でトレーニングによる怪我の予防やトレーニング効果を高める事ができます。

これってとても大切な事なんです。

スクワット一つでも、正しく行うと大きな効果を得られますが、間違った方法では効果は下がり怪我をするリスクが高まります。

また、ウエイトの設定などは闇雲に決めてはいけません。

負荷設定は目的によって変わりますので、専門的な知識が必要です。

引退太りを防ぎ、正しいトレーニング知識を知る事ができるので中学生の方は一石二鳥ですよ!

実は、鍼灸師や柔道整復師は、解剖学の知識はあってもトレーニングについては試験に出ないのであまり知らない方がほとんどです


当院のスタッフは、パーソナルトレーニングの知識を高めるため、しっかりと教育を受けており、全員トレーニングの知識を共有しております

写真は勉強を兼ねたトレーニング風景です 笑

コロナ禍で太ってしまった方やスタイルをよくしたい方、何でも結構です!

トレーニングが続かない方も、パーソナルトレーニングなら継続できますので興味のある方はひなた鍼灸・接骨院にご相談ください!





40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナウィルス抗体検査

こんにちは、受付スタッフ山崎です。 先日人生初のコロナウィルス抗体検査をしました。 指先から自分の血液を採取し、液体と混ぜて検査する物です。 写真は私の検査結果です。 赤い線が1本ずつ見えますが、これが陰性だそうです。過去に陽性になったことがある人は線が2本になるそうです。 抗体検査はPCR検査とは違い、過去に感染したことがあるかを調べる物です。 実は私以外の当院スタッフ、老人施設に訪問治療で出入