ダメで元々

こんにちは

院長の小池慎也です

開院当初から来てくださっている患者様のお言葉です。

その方は、秋田県から三ヶ日に嫁入りし、誰も知らない土地で男児3人を育てました。

義母の介護をしながら自らも大病と戦い、今も週一回鍼灸施術を受け、身体を気遣いながら畑仕事をがんばっていらっしゃいます。

「私はダメで元々の精神で生きてきたからねぇ」

と、その方は笑いながら言いましたが、裏には相当の苦労があったと察します。

私は優柔不断でなかなか踏み出せないタイプなのでこの言葉に心を打たれました。

人は失敗を恐れているからなかなか踏み出せないんですね。

ダメで元々と思えば、失敗するのが怖くなくなります。

ダメ元でやってみる。

背中を押してくれる言葉でした。

やるとやらないでは大きな差があります。

もし何か目標があって迷っているのなら、ダメ元でやってみてはいかがでしょう?

私も悩んでいた事に一歩踏み出してみます。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示