​超音波画像診断装置(エコー)

超音波とは?

人の耳に聞こえない音域を「超音波」と言います

音は空気を振動させることで伝わりますが、超音波画像診断装置(エコー)は超音波を発し組織に反響した超音波を受信する事により音響インピーダンスの差を画像化する医療機器です

赤ちゃんの診察に使用する医療機器というとイメージしやすいでしょう

エコーは、骨折はもちろん靭帯の損傷や血腫など様々なケガを評価することができます

組織の修復過程も評価できますので、復帰の目安がつけやすく再発予防になります

エコーで観察できる疾患

骨折

​骨端線損傷

離断性骨軟骨炎(野球肘など)

捻挫

腱鞘炎

アキレス腱炎

腱板断裂

野球肩

肉ばなれ

関節リウマチ

打撲に伴う血腫

テニス肘          

           などなど

その他様々な評価に使用できます

経験だけの時代は終わりました

病院や接骨院勤務時代に、多くの外傷を施術してきましたが、評価の難しい外傷もエコーで確認することができ、また画像を見ることでインフォームドコンセントに有用です

手の感覚や理学検査はもちろん大切ですが、エコーを併用することで格段に評価の質が上がります

レントゲン画像では映らない骨折を発見することもしばしばあります