top of page

ラジオスティムで全身を温めると

心と身体が充電されます

physioradiostim-MH2-img-main.jpeg

ラジオ波の効果

心・・・深部体温を上げることで、ポカポカ温まりなが心地よく自律神経を整える事が出来ます。

体・・・ラジオ波は凝っている筋肉など不調となっている硬い部分に集まる性質があります。またヒートショックプロテイン(HSP)の産生が活発化することで、痛みの改善、免疫細胞の活発化、関節可動域の拡大など様々な効果があります。

 

ラジオ波による治療機器はたくさん出回っていますが当サロンの機器は

・ソチオリンピックで日本選手団の体調管理を支援したマルチサポート・ハウスにて正式に採用された、次世代を担う最新の施術機器です。

・ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手もコンディショニングで使用しています。

大谷選手によると、特に寒い時期は、より広い範囲の筋肉が温められていく感覚があることから、ラジオスティムのラジオ波温熱を好んで使用しているそうです。

この機器は電極からアースまでラジオ波が流れ続けるため、腹部や背部にアースをとり手首と足首に電極をおくことで、全身にラジオ波をかけ流すことが出来ます。この全身ラジオ波かけ流しによって得られる効果は

深部体温が上昇する

・自律神経が整う

・不眠症の改善に繋がる

・基礎代謝が上がり太りにくい体に体質改善

・免疫力向上

ヒートショックプロテイン(HSP)の産生が活発化

・全身の凝りや痛みを緩和してくれる

・関節可動域の拡大

・免疫細胞の活性化

副交感神経が優位になる

・腸の蠕動運動が活発化し便秘症の改善

固い組織にラジオ波のエネルギーが集まる

・肩こり、腰痛など疲れに関連した症状の改善

・硬くなった筋肉の滑走性が向上する

 

癒されたい方はラジオ波温熱効果による「人間充電」しに来ませんか?

仕事疲れや家事疲れ、育児疲れ…、ストレスや電子機器使用頻度の増加に伴う自律神経の乱れ…

この機器は心も体も優しく整えてくれます。

bottom of page